シェイプアップを決意した動機といういじめられていた歴代に関して述べたいと思います。やせたいやせたいと思いつつ、そう思ってめしを我慢することがダメージだ

やせたいやせたいという日々おもうのに、そんなに思っていることが不満で、日々やけ食いしてしまいます。日々、当日が最後のやけ食い、当日で食べ納め、と思いながら、食べ過ぎる例年だ。不満で苛苛してるわたしによって、食べて明るい私の方がいいだろう、と都合よく考えて、原則、また食べ過ぎてしまった自分が不愉快になってます。日々繰り返してます。ほんの10gの違いも、減量をするうえで自分にとってまったく大きな個数になることがあります。

わたしは昔から食べたものが自分に付きやすく、減量には苦労してきました。肥えるのは簡単なのに1kg減らすのはヤバイでした。

150cmほどの身長なのでウエイトは50kgを下回るように気を付けていますが、それを超えて仕舞うときも多々あります。

49.9kgといった50.0kgはほんの10gしか違いませんが、ウエイトが50kg客席という40kg客席というだけで随分と意気込みが違うもので、

50kg客席になると本気の減量一筋に入ります。

わたしにとりまして減量は誰の結果ではなく自分のための競合だ。個数に一喜一憂してばっかりもいけませんが、時には一喜一憂しなければ

ならないこともあるのが減量だ。その分、結果が出たときの歓喜は凄まじく、だからこそ戦い続けられるのだと思います。

それでも一番良いのは、こうした競合をしないも自分のウエイト統括をしっかりすることだと思います。ただしそれが何やらできないのが自分の

弱々しいところで、減量内輪のあの著しい気持ちは、落とした贅肉と共にどっかへ飛んでいってしまったのかもしれません。

あんな俺をほんの少し微笑みながら、今も減量に励んでいます。札幌中央クリニックのレーザー脱毛はこちら